ポジティブに過ごすためのヒケツ

2021年09月23日 14:55
カテゴリ:身体のお話


なんだか気分があがらない…
どうも最近イライラしたり、体調を崩しがち…など。
特段大きな原因が見つからないけど不安定な日が続くな、とお悩みの方もいるかと思います。
年々変化する " カラダ " の話。

今回は、女性の美容と健康のお守りである女性ホルモンは働きとゆらぎについて。

女性ホルモンは2種類あり、子宮の左右にある二つの卵巣から脳の指令を受けて分泌されます。

【 エストロゲン(卵胞ホルモン) 】
◎排卵を境に分泌される
妊娠に備えるためのホルモン
みずみずしい肌やツヤのある髪、ポジティブな気持ちにしてくれるピカピカホルモン✨

【 プロゲステロン (黄体ホルモン)】
◎排卵後から月経まで
受精した場合に妊娠を維持するためのホルモン
水分や糖を身体に溜め込むのでむくみやだるさを感じやすく、肌荒れや気分が乗らないなどどんよりした内向的なホルモン🌀
→妊娠しなければその後内膜が剥がれて月経が来ます

毎月この二つのホルモンが寄せては返す波のように入れ替わるため女性の肌と身体、心もゆらぎます。

またエストロゲンは、女性の一生を通しても大きな波があり、20代が妊娠出産に適したたっぷりなホルモンバランス状態。
30代後半から40代半ばの更年期に入るとさらに減少傾向に。
個人差はありますが、この更年期の時期にはエストロゲンがほぼゼロになることで、肌・身体・心の全身の不調を感じやすくなります。

ゆらぎによる不調と上手く付き合うためには毎日のケアが大切です。

バランスの良い食事
ストレスを溜めない工夫
お肌にあったスキンケア など。

基本的なことですが毎日の積み重ねが予防となり、心地よく生きていく術となります。
自分を大切に扱うことで心も肌も癒され安らぎます。
ぜひ自身を労わるお時間におくつろぎにいらしてください😌💐

Walea Natural

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)