MATERNITY | 妊娠中のトリートメントについて

Q. いつからトリートメントを予約できますか?

A. 妊娠16週(妊娠5か月~)以降で経過が順調であれば、ご予約いただけます。口頭で構いませんので、ご予約の前に必ず担当の医師や助産師の承諾を得ていただくようお願いいたします。 初回は母子手帳も一緒にお持ちください。

Q. いつまでトリートメントを受けられますか?

A.担当の医師や助産師の承諾があれば、ご予定日直前でもお受けいただけます。その場合、直前の健診にて必ず担当医師または助産師にトリートメントを受けて良いか確認するようお願いいたします。

Q. ガイドラインに“妊娠の経過が順調な方”とありますが、肩こりや腰痛がある場合は受けられないのですか?

A. 妊娠中期以降はお腹が大きくなるにつれて、今まで感じることのなかった辛い症状がみられるようになります。アロマセラピートリートメントは医療行為ではありませんので、症状が重い場合には医療機関での診察をおすすめします。担当の医師や助産師の許可を得たうえで、当日の体調に問題がなければトリートメントをお受けいただけます。

Q. 母子手帳は、なぜ必要なのですか?

A.妊婦健診の有無、かかりつけの病院や助産院の連絡先などの確認のため、母子手帳を毎回持ちいただくようお願いしております。定められた健診を受けていらっしゃらないお客様につきましては、安全性の観点から施術をお断りすることもありますので予めご了承ください。

Q. 妊娠中に“マッサージ”をしても大丈夫でしょうか?

A. 正しい知識を持って行えば、アロマセラピーを用いたオイルトリートメントはむくみなどの妊娠中に特有のマイナートラブルの軽減に役立ちます。また精油の芳香は脳の本能的で原始的な部分にも作用し、同じく本能的な感覚である分娩に対する不安や恐怖感を和らげ、前向きな気持ちづくりにも役立ってくれます。

Q. マタニティ専用メニューはありますか?

A. 特に設けておりません。ベッドの上での横向き・仰向けの状態で施術をさせていただくことが可能です。
安全を考慮してトリートメントは60分までのご案内、妊娠6ヶ月以降の安定期であることが条件となります。
また事前に担当のお医者さまとご相談いただいた上でご来店いただけると幸いでございます。

Q. 妊娠中のアロマテラピートリートメントは赤ちゃんにとっても良いのでしょうか?

A. 適切なトリートメントはママだけでなく赤ちゃんもリラックスさせてくれるといわれています。心地よいアロマセラピートリートメントを受けると、香りと皮膚への快刺激により神経伝達物質のエンドルフィン(“幸福ホルモン”)が生成されます。このエンドルフィンは胎盤を通過し、最終的には赤ちゃんを安心させリラックスさせてくれます。
妊娠中は大きくなったお腹のために、季節に関係なく、普段以上に下半身の巡りが滞りやすくなります。施術前のフットバスでお足を温めて下半身の血流を促しておくと、短時間でも効果的にお疲れを和らげていただけます。

Q. 妊娠中に精油(エッセンシャルオイル)を使っても大丈夫でしょうか?

A. 精油をアロマポットに垂らして香りを楽しむ芳香浴法は初期から行うことができます。精油を植物油に希釈して直接塗布するトリートメント法については、安定期以降で経過が順調な方であれば可能です。妊娠中も多くの精油を楽しむことができますが、なかには使用をおすすめできないものもありますので必ず相談してからご購入く精油をアロマポットに垂らして香りを楽しむ芳香浴法は初期から行うことができます。精油を植物油に希釈して直接塗布するトリートメント法については、安定期以降で経過が順調な方であれば可能です。妊娠中も多くの精油を楽しむことができますが、なかには使用をおすすめできないものもありますので必ず信頼できるショップの専門スタッフに相談してからご購入ください。当サロンでは、当日のコンディションや香りのお好み、妊娠の週数に合わせた精油を毎回ブレンドしトリートメントを行います。おすすめの精油もご紹介できますので、トリートメントの後にぜひお尋ねください。

powered by crayon(クレヨン)